子供の療育方法を知るためのお役立ち情報サイト

>

療育関連情報の収集が必要

療育が受けられる施設

子供の可能性を伸ばすためには、少しでも早く適切な療育を受けることが大切です。
障害の状態は子供によって異なります。
たとえば、身体に障害を持つ子供には機能訓練、知的障害を持つ子供には認知面での訓練が中心になります。
そのため、療育施設探しに際しては、その子に合った施設を探すことをおすすめします。

療育施設の分類方法として「児童福祉法」に基づくものがあります。
それによると「通所型施設」と「入所型施設」とに分けられます。
また、それぞれに「福祉型施設」と「医療型施設」が存在します。

なお、施設を利用するときは、年齢条件をはじめ、受けられるサービスなどについて、きちんと確認しておきましょう。
理想的な療育を受けるためにも、関係機関と積極的に相談することをおすすめします。

受給者証について

児童発達支援の利用により療育的支援を希望するときは「受給者証」の申請が不可欠です。
受給者証には「通所受給者証」と「入所受給者証」とがあります。
これらの受給者証の交付を受けることで、療育に掛かる費用の自己負担金が1割(1割以下の場合も)に抑えられます。

受給者証を申請するときは、利用する施設によって窓口が異なってきます。
具体的にいうと、通所型受給証は各自治体の窓口、入所型受給証に関しては児童相談所などが窓口になります。
また、受給証申請に当たって診断書などが必要なところもあるため、こちらについても事前確認が必要です。

なお、発達障害を持つ子供の場合、「療育手帳」や「精神障害者保健福祉手帳」がなくても、受給者証の申請が可能ですので、こちらについても確認しておきましょう。


この記事をシェアする